マスクで出来たニキビを治す方法

私は約2年間マスクを毎日22時間以上は付け続けています。

長時間つけているとマスクで覆った部分に、ニキビができてしまいます。

キレイなお肌になるために色々試したので、紹介します。

スポンサーリンク

マスクはニキビを改善する方法

最近は新型コロナウイルス肺炎が流行しつつあり、マスクの需要が高まっています。
しかし、マスクを装着しているとお肌の調子が悪くなってしまいます。

私が2年間で得た情報、改善策をざっと紹介します。

 

保湿する。乳液を塗布する

化粧水よりも乳液が大事だと考えています。

マスク内の湿気から守る効果もあります。

マスクでの蒸れは、バイ菌の繁殖にもつながります
お肌にとって最悪の状態なりニキビができる原因になります。
それを防ぐためにも、効果はありました。

私の経験では、乳液をつけるようになってから、ニキビの状態がかなりマシになりました。
明らかに効果を感じたので、乳液きちんと塗るようにしましょう。

 

浸透するように塗る

パッティングはしていません。(※連続してお肌にポンポンする方法)

色々調べた結果、手のひらに広げて、10秒ほど軽く押し付ける方法です。
お肌への外的刺激の軽減にもなるので、良い塗り方です。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかり取るだけで、改善されやすいです。

個人的に感じたのは、睡眠は肌に反映されやすいです。
良質な睡眠をとるほど、ニキビの状態が良い方向に変化します。

満足するまで寝るのがおすすめです。
つまり、目覚ましで無理やり起きるのではなく、自然に起きる睡眠です。

なかなか難しいと思うので、休日にでもやってみてください。

 

免疫力を高める

これもかなり大事です。
方法は一部を紹介します。つまり生活習慣が良ければ免疫力は高まると考えています。

  • 腸内環境の改善(ヨーグルトなど)
  • 睡眠
  • ちょっとした運動

免疫力を高めるなら腸内環境から考えましょう。ここを無視した場合免疫力は高まりません。

ヨーグルトは手軽でおすすめです。個人的には森永のビヒダスがおすすめです。

 

◆関連記事:ビヒダスって効果あるの?1ヶ月感試してみた。ハウスダストアレルギーの喘息持ちは改善された?

 

食生活を見直す、野菜を意識する

野菜を少し意識するだけで、ニキビ、お肌が良くなります。

なぜ野菜かというと、食物繊維やビタミンが摂取できるからです。
もちろん生野菜がおすすめ。生きた栄養を摂取できるため、質が良いです。
加熱するとビタミンなどの栄養素は減ってしまいます。

しかし、ドレッシングは5~8割は油のため、少量がおすすめ。
あっさりとしたドレッシングを選ぶと良いですね。

ちなみに、食物繊維は腸内環境の改善にも効果が期待できるため、上記で紹介した「免疫力」の向上も期待できます。

 

マスクはこまめに交換する

バイ菌対策、蒸れ対策として交換がおすすめです。

清潔を維持するには交換するしかないと考えています。
それ以外にも、洗顔をするのもおすすめですが、手間から考えても交換が楽ですよね。

 

マスクはシルク素材がおすすめ

水分摂取時にマスクをずらしたり、とったりするかと思いますが、肌は簡単擦れてダメージを受けてしまいます。

そのため、擦れの刺激が少ない、やわらかい生地であるシルクがおすすめです。

コスパはかなり悪いです。

シーンを考えて使用するなどすると良いです。

私は、寝るときにもマスクつけるので、睡眠時はシルクのマスクを着用しています。

 

マスクの表面は、ウイルスやハウスダストだらけです。
マスクをずらしたり、とる際には、鼻の隙間からマスクの内側に指を入れて行うのをおすすめします。

以上です。

この記事は、毎日22~23時間マスクを付けづつけてる人が実践した内容です。
参考になれば幸いです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました