Windows10で低音・高音を調整する方法

無駄なソフトは不要。

Windowsの標準機能で低音・高音の調整が細かく設定できます。

以下手順。

1,スタートから「サウンド」と入力して、一番上にある「サウンド」を選択する。

スタートからサウンドまたはsoundと入力して、サウンドの設定画面を開きます。

 

2,一覧の「スピーカー」をダブルクリック。

サウンド設定画面のスピーカーをダブルクリックして、スピーカーの設定画面を開きます。

 

3,「拡張」タブの「イコライザ」にチェックを入れる。
その後、右下にある設定の「…」をクリック。
※「拡張」タブがない人は、スピーカーのプロパティ画面に「拡張」タブがない場合…の項目を参考にしてみてください。

スピーカーの設定画面で、拡張タブに移動します。その後、リスト項目にイコライザがあるのでチェックを入れます。

 

4,イコライザを設定する。

スピーカー設定画面の右下にある「…」の三点リーダーがあるボタンを押します。するとイコライザ設定画面が表示されますので、こちらで低音・高音の調整を行います。

下部にある31や62などは音域の数値です。

画像にあるのは低音を減らす・無くす設定になっています。

高音を減らす場合は~16kを調整してみましょう。

 

なお、設定は「保存」ボタンから保存が可能です。

イコライザ設定画面で、低音・高音の領域の強さを設定したら、その設定を保存することができます。任意の名前で保存しておくと便利そうです。

 

以上です。

Windows7などでも似たような設定があります。

Windows10での画像で解説しましたが、手順はほとんど同じかと思います。

 

追記:スピーカーのプロパティ画面に「拡張」タブがない場合

※画像、画面が異なる場合があります。

1,オーディオドライバの設定画面を開く。

 

2,「サウンドエフェクト」を押す。

 

3,画面の一部が切り替わり、イコライザを設定できるようになる。

 

4,お好みに設定する。